本文へスキップ

子育てを応援するために立ち上がった鍼灸師の自主グループ

スキンタッチって?

こんな方法です

こんな方法写真01

スキンタッチ法は、
皮膚をごく軽く
なでたりこすったりする「軽い刺激」のツボ健康法です。

鍼灸師たちが持っている「小児はり」の技術を、
ご家庭でも簡単にできる健康法としてアレンジしました。

「小児はり」は、「刺さないはり」です。

ヘラのようなもの、細い棒のようなものなど、
いろいろな形が使われていますが、どれも痛くありません。 

スキンタッチ法は、
そんな「小児はり」のかわりにスプーンと歯ブラシを、
そして、お灸のかわりにドライヤーを使って行います。

軽くなでさすったり、
トントンと軽くたたいたり、
あるいは、温風で温めたり・・・。

楽しくて、気持ち良くて、思わず笑顔がこぼれる、
とっても素敵な方法です。


なぜ効くの?

目標イメージ

つぼを刺激します  
人の体には300以上のツボがあります。
ツボは1つ1つが脳や内臓につながっています。
ツボを刺激することにより、脳や内臓の働きをよくし、
精神的・肉体的発達を促進します。

スキンシップ&リラックス効果  
スキンタッチの心地よいスキンシップ効果は、
刺激した部分の血行を良くするだけでなく、
親子両方の精神状態にも良い効果を与え、
症状の安定や、改善に役立ちます。


何に効くの?

教育方針イメージ
疳の虫・中耳炎・喘息・アトピー性皮膚炎・夜尿症・便秘・食欲不振など
小児の慢性疾患全般に効果があるとされています。

また、今は特に特定の疾患や、お困りのことがなくても、
普段からご家庭でスキンタッチ法を続けていると、
お子さんの体調の変化にも気がつきやすくなるため
より健やかな成長のために、きっと役に立つことでしょう。

ただし、スキンタッチ法は健康法で、治療ではありませんので
何か症状がある場合には、まずは医療機関を受診したり、
小児はりに精通した鍼灸師の治療を受けることも必要です。

特に、38℃以上の発熱・ひきつけ・骨折・脱水症などの際は、
速やかに医療機関で診察を受けてください。



information

終了しました

イベント予定
イベント予定
リンクリストボタン

お問い合わせ
 skintouch@tokyo-st.jp

クーヨン表紙「月刊クーヨン」 2009年2月号・クレヨンハウス刊)に東京スキンタッチ会が紹介されました
 
『別冊宝島1881 0歳からはじめる教育の本
 3歳までの五感の発達が頭のいい子の絶対条件』
2012年6月15日発行にスキンタッチ法や、教室の様子などが紹介されました
宝島社公式サイト
2012年3月4日放送 日本テレビ「スクール革命」にスキンタッチ法や、教室の様子などが紹介されました
そのほか、NHK教育テレビ(当時)、雑誌等、数々のメディアで紹介されています